LegalForce Engineering Blog

LegalForceの開発チームによるブログです。

新製品を作り、育て続けるための組織デザイン

こんにちは。LegalForce COO 川戸(@kawato_takashi)です。

今回は、LegalForceの開発組織での直近の組織変更について、その意図と背景をお伝えします。読者としては下記の二通りを想定しています。

  • 弊社をご検討いただいている候補者に正しい最新の情報をご共有すること。
  • 複数製品を開発・運営する上での組織課題に関心があるエンジニアリングマネジャーやプロダクトマネジャーに、弊社の経験をご共有すること。

LegalForceでは、タイトルにもある通り、「新製品を作り、育て続ける」ということを開発における大きい課題と捉えています。売り上げの大きい既存製品を優先する力学は、組織の様々なレベルで働きます。組織は放っておけば新規のアイデアを押しつぶしてしまうのです。この罠を避け、新製品の開発・成長や探索にしっかり投資をするには、それができるように組織を設計する必要があります。本稿では製品別組織、カンパニーベット、VPoEの設置、イノベーション推進グループの設置といった各施策が、どのようにこの目的に貢献するのかを説明します。

続きを読む

製品に「新しい顔」が必要になるとき: 主要画面のスクラップ&ビルド

こんにちは。LegalForce COO 川戸(@kawato_takashi)です。

今日は「画面を作り直すこと」のケーススタディをご紹介します。

事前にリサーチをしても、実際に使われ始めるまでは、本当は製品が何に使われるのか、よく分っていないことが多いです。ユーザーのフィードバックをもとに機能を継ぎ足した結果、元の設計の限界に気付くことはしばしばです。

また設計は生まれた瞬間から老い始めます。たとえば最近ではアクセシビリティやOOUIなど、着手時には目配りできていなかったことが「できて当然」になっていく、といったことも発生します。

機能追加を伴わない再設計は、どうしても優先順位が低くなりがちです。しかし技術的負債と同様に、設計的な負債も、設計と実装の速度を削いでいきます。

何より、それでは真の意味でユーザーが使いやすい製品に辿り着きません。

こうした背景からLegalForceでは製品を問わず「既存画面の破壊と再構築」をしばしば行います。これは私たちがとても大事にしていることです。

今回、私たちはLegalForceキャビネの「顔」といえる契約書一覧画面を作り直しました。このプロセスをご覧いただくことで、LegalForceキャビネのフロントエンド開発やデザインの考え方を皆様にお伝えしたいと思います。

続きを読む

Autifyを活用したE2EテストとこれからのQA

こんにちは、LegalForce CTOの時武(@tokichieto)です。

今日はLegalForceで行っている品質保証(QA: Quality Assurance)の取り組みについてご紹介します。

LegalForceでは、契約書のレビューや管理を行うためのSaaSを提供しており、サービスのユーザーとなるのは企業の法務部や法律事務所で契約書業務に携わる方々です。契約書を扱う業務システムという性質上、ユーザーから求められるサービス品質の期待値は高く、開発速度を落とすことなく期待に応えられるだけの品質を維持していく必要があります。

しかし、限られた開発メンバーの中でサービスを継続的に改善し、ユーザーに期待感を持たせながら高い品質を保ち続けるのはなかなか困難でした。2019年4月に "LegalForce" を正式版としてリリースした後、開発者の増加に伴って新機能を並行開発するケースも増えたことで、デグレが目立つようになってきてしまいました。

デグレを早期発見できる仕組みを整える必要がありましたが、実装担当者がテスト工程まで見るようにしていた当時のQA体制では、リリースごとに網羅的なデグレチェックをかませることは難しく、E2Eのテストコードを実装してもUIの進化に追いつけず費用対効果が上がりづらい状況でした。そこで目をつけたのが Autify というノーコードでE2Eテストを実装できるサービスです。

続きを読む

マルチテナンシー下での Query Auto Completion 設計・運用戦略

こんにちは,LegalForce R&D セクションでエンジニアをしている打田(@moco_beta)です。

LegalForce では,お客様がアップロードした契約書を条文単位で検索ができる,条文検索機能を提供しています。AIによるレビュー支援機能を補完する形でよく利用されている機能ですが,「どんなキーワードで検索したらいいのかわからない」という声をいただくことが増えてきました。検索キーワードの発見に役立ててもらうため,先日 Query Auto Completion(クエリ自動補完,以下 QAC)(*1) をリリースしたので,その裏側をご紹介したいと思います。

f:id:mocobeta:20201120200127p:plain
Query Auto Completion UI

(*1) 検索キーワードの一部を入力フォームに入れると,フォームの下にドロップダウンリストでキーワード候補が出てくる機能を指します。

続きを読む

契約書レビューAIを開発するLegalForceの研究開発部門とは!?

はじめに

こんにちは!

株式会社LegalForceで、最高研究開発責任者(CRO: Chief R&D Officer)をしている舟木類佳です。

f:id:rupyjp:20201102215638p:plain

今回は、私の管轄している「研究開発部門(R&D)」を紹介したいと思います。

続きを読む

LegalForce Engineering Blogはじめます

こんにちは、LegalForce CTOの時武です。
この度LegalForceの開発者ブログを "LegalForce Engineering Blog" と題して開設することになりました。
技術的なネタは他のメンバーから後日投稿してもらうとして、今日はブログ開設の目的とLegalForceにおける開発組織のご紹介をしようと思います。

続きを読む